ETCカードをクレジットなしで作る作り方

最近はほとんどの車に搭載されているETC。

ETCを使うためには、それ専用のカードが必要ですが、クレジットカードを持っているなら、それと同じ会社でETCカードを作る人も多いんじゃないでしょうか。

ETC一体型のクレジットカードもありますが、盗まれた時のことを考えると、分けておいた方が安全性は高いでしょうね。

でも、クレジットカードが嫌いな人もいて、ETCカードクレジットなしで作りたいと思っている人もいるみたいですね。

そういうことも実は可能なんです。

高速道路6社が共同発行しているというETCパーソナルカードには、クレジット機能はありません。(こちらもご参考に→主婦や学生でもOKなETCカードの作り方

最初に保証金を預け入れ、それを担保にすることで、指定した口座から高速道路の料金が引き落とされるという仕組みなんだそうです。

クレジットカードに抵抗がある人には便利なカードのように感じますが、でもこの保証金がかなり高額なんですよね。

それにこの保証金は前払金というわけではないので、高速道路料金の支払いには使えないんです。

その上、ETCパーソナルカードには年会費もかかるというデメリットが…。

クレジット機能付きのETCカードを持っている人にとっては、何のメリットもないカードっていう印象しかありませんが、どうしてもクレジットカードがイヤだという人には、便利なカードなのかもしれませんね。

だけど、わざわざ6万もの保証金と年会費まで払ってETCパーソナルカードを作るくらいなら、単体型のETCカードを作った方がメリットもあるし、便利なんじゃないでしょうか。

だってもし盗まれた場合でも、単体型にしておけば、高速道路での使用以外は不可能ですからね。

ETCパーソナルカードもそれは同じですよね。

ETCパーソナルカードよりも、単体型のETCカードを作る方が、使えば使うほどポイントも貯まるし、年会費も無料だし、メリットだらけでしょう。

クレジット機能だけにこだわりすぎず、どちらの方が賢く利用できるかっていうのを考えて選んだ方がいいんじゃないかな。

ほとんどの人が単体型のETCカードで満足しているんじゃないかな…。

高速料金の支払い分にまでポイントがつき、後々還元されるっていうのもお得感がありますからね。

うちも単体型のETCカードを使っていますが、それでかなりポイントが貯まり、日常の買物で還元できているから、なんとなく得した気分になっちゃいます。

ただ支払うだけじゃなく、後々還元してもらえるっていうのは、うれしいことですよね。

ETCカードのおすすめの選び方

高速道路料金所を通過するときに便利なETCカードですが様々なカードがあって選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードをいくつか挙げておきます。

発行手数料や年会費などを無料で済ませたい方にはライフカードです。

ライフカードではさらにポイント還元率が誕生付きの場合、通常の3倍になる特典や国際ブランドもVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できる点もいいですね。

2つ目に紹介するのは知らない人はいないくらいの知名度の楽天カードです。

クレカは年会費がかかりませんがETCの方は年会費がかかります。

年会費が発生するのが気になるという方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率がよくエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。

ここ数年でノマドワーキングというスタイルが増えていると聞きます。

中には独立して個人事業主として活動する人も増えています。

特に独立したばかりの個人事業主の方は慣れない経理業務がとても面倒だと感じているそうです。

特に計上回数が多くなりがちな交通費は毎月領収書を出して保管、清算して・・・というのは確かに面倒そうです。

できれば屋号・法人口座からまとめて引き落として経費としておきたいですよね。

車で高速道路を通行する時に使用するETCカードはどうしたらいいのでしょうか。

基本的な作り方は個人用のカードと変わらずクレジット機能付きの法人カード発行は設立・独立したばかりでは審査に通りにくいと言われており、しかし、法人用カードの発行は独立したばかりの人にとって1つの関門と言われるくらい審査に通りにくいようです。

参考:ETCカードの作り方は?年会費無料おすすめ!【即日申し込み】

高速道路の料金所で止まらずに通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですが利用している割合はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本のHPに載っている利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した中の約90%の車で使われていたそうです。

高速利用者のほとんどがETCを利用しているということです。

料金割引も東京湾アクアラインを例にするとETC利用で普通車料金が800円ですが一般レーンで現金支払いをすると約3000円と大きく違います。

こんなに差額があるとETCを使っていない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの申し込み方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加で申し込み、まだクレカを所持していない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みができます。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカに対する不安でETCカードだけ作りたいという方も多いと思います。

そんなクレカはいらないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードは発行時に補償金を預ければ誰でも作ることができますが様々なサイトで調べたところ平均4万円を目安に補償金として事務局に預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえクリアできればクレヒスに問題があるなど何らかの事情があってクレカを作れない方でも発行されます。

クレカ会社発行のカードとの大きな違いがこの点です。

他には、毎年必ず年会費がかかりその額も通常のETCカードよりも高いです。

高速道路の料金所でみなさんはどのような支払い方法を利用しますか?今でも一般レーンを使って現金・クレカ払いの人もまだいますが約90%の方はETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETCで無線通行をするとどんなメリットがあるのか少し調べてみました。

最も大きなメリットとして、料金所で券や現金を係員と直接やりとりする時間がなくなることではないでしょうか。

もう一つの大きなメリットは料金割引が使えることです。

特に割引前と後で差額が大きい東京湾アクアラインを例にすると割引前は一般レーンでの普通車料金が約3000円のところ、ETC割引を使うと800円になります。

トラブルが起きるタイミングが悪い方っていますよね。

というのもこの前高速道路を利用しようとETCカードを探しても財布の中から見つからなかったんです。

用事を済ませ家に帰ってから改めて探しても見つからずどうやら失くしてしまったようです。

こんな時の対応にあまり慣れていないので焦ってしまいました。

ひとまずカード会社に利用停止の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクに電話をしたところ本人確認が済んだ後にそのまま再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行時に手数料はかかってしまいますが手続きをしてから2週間しないうちに新しいカードが届きました。

このように紛失などの予期せぬトラブルに見舞われても焦らず行動をしましょう。

高速道路の利用料金が自動で引き落とされるETCですがネットを見ていたらこんな質問がありました。

「ETCカードで給油時の支払いはできますか?」という質問です。

結論を言うと、基本的にはできません。

「基本的に」と書いたのは、クレジット機能付きの一部ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どの会社で申し込めばクレカ機能も付いたカードが発行されるのでしょう。

ガソリンスタンドで申し込めるカードに一体型カードが多いようです。

クレカ一体型は一枚で買い物やETC走行ができるので管理が楽ですが高速道路を走っている途中でPAなどでクレカ決済をしようとすると毎回車載器から抜かなければ使えないという少し面倒な面もあります。

ショッピングなど様々な場面で付与されるポイントですがクレカ会社が発行しているETCカードで高速を走行しているだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?例を挙げると楽天カードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて付与されますがETC利用でも同様のポイントが付与されます。

付与率に関してはETCでもクレジットカードと同率で付与されるカードもありますが、多くの場合ではクレカ利用時に比べ付与率が減少していることが多いようです。

最近では少なくなっていますが、ポイント付与がないカードもあるようなので高速道路をよく利用するなど皆さんの生活環境から選ぶようにしましょう。

この前、インターネットで調べ物をしていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、現金レーンでの支払いをETCカードでできるということです。

料金所でカードを係員に手渡すことで支払い処理を行ってもらえるのですが基本的にはETC利用時は入口?出口まで無線通行が原則となっており無線通行しない場合は入口?出口の無線通行しない場合はどの入り口から入ったかなど通行に関する情報が把握できないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーで無線通行できないなど特別な場合は、料金所の係員に処理してもらう際に「車載器を搭載している」ことを伝えて処理するカードを渡して車載器に挿入してください。

出口料金所の利用時に料金所のない入口を通行していた場合は料金算出の距離の起点が不明になるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口からで計算されるようです。

高速道路を利用する際にETCカードを使って出口を通過する際、何事もなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

では、万が一出口でエラーが発生してバーが開かない場合はどうしたらよいのでしょうか。

もしエラーが発生したら車載器からエラーの警告音が出ます。

エラーに気づかないままレーンに入ってもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、詳細がわかりません。

こういった時のためにETCレーンに減速しながら入っていくという決まりになっています。

もしバーが開かなかった時には接触しないように車を停めましょう。

その際、事故につながることがあるため焦って車外に出ないようにしましょう。

バーの手前にインターホンがあるのでスタッフの指示に従うようにしましょう。

多くの場合、係員に直接カードを渡して精算になりますがETC割引は適用されるので安心してください。



ETC - ウィキペディア

Copyright (C) クレジットなしでETCカードを作る方法 All Rights Reserved